読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなはずではなかったのに

今日も一生懸命お仕事。

色々な人から指導や指摘を受けながら頑張った。

すると、ふとした瞬間に「こんなはずではなかったのにな・・・」と思った。

 

本当はもっとみんなに好かれて、何でも器用にこなして、自分な好きな仕事をして・・・そんな人間になりたかったのに、まったく違う自分がいる。

そして、理想と違う自分を許容して何となく毎日を過ごしている自分もいる。

 

どこで道を誤ったのか、もともとそんな人間だったのか、今となっては知る由もない。

そんなことを考えていても、現状は変わらず、そして明日はまたやってくるのでした。

(´・ω・`)

私は本気なのです

昨日の続きで、もう一つ良いなと思った話が合って、それは「本気だと思わせること」だそうな。

確かに、この人、口先だけで好き勝手言っているな~と思ってた人が本当に有言実行したときは相当衝撃を受ける「この人、マジだったのか!」

やっぱり本気度を見せるのは重要なことだ。

 

ということで、自分も「本気で音楽やるんだ!」ってのを見せつけないと誰もついてこないということになるな。

そう考えると、今の自分は反省点だらけだ。

自分自身が「俺はマジなんだ!」って気持ちにならないと、それは誰も引き付けられないよね。

 

「本気」、大人になったらずいぶんこの言葉から自分は遠ざかってしまったものだ。

もう一度あの頃の気持ちに戻って、頑張ろう!

何でも学んだことは活用したい

会社で講演会があって、なんとなく良い話が聞けた。

顧客満足度だけでなく、従業員の満足度も重要なそうな。

そのような方針で、会社運営成功したみたいなお話だった。

 

やっぱりニュースになった某会社のように、従業員をこき使って本当に良い結果が得られるかってのは疑問だよなあ。

政府が働き方改革とか言っているけど、要はその辺の意識を官民一体となって変えていかないとね。

Win-Winの関係とかよく聞くけど、本当、そうだよね。

 

これをどうにか音楽に生かせないものか。

聴き手、歌い手ともに満足!

うーん、難しいのう・・・。