読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腹式呼吸について

息のコントロールには腹式呼吸が重要とわかったが、「腹式呼吸」とは何なのだろう?

腹式呼吸はその言葉とは異なり、お腹で空気を吸っているわけではなく、息を吸い込んだときの横隔膜の動きの結果、お腹が膨らんで、あたかもお腹で呼吸しているかのように見えるのでこの名がついているらしい。

肺は胸にあるが、胸骨があるので、胸で肺を膨らませようとしてもあまり膨らまない。。一方、横隔膜は骨に囲まれていないので、胸で呼吸をするより遥かに自由度が高くなり、その結果、呼気をコントロールする余地が生まれるらしい!

ではでは、その「腹式呼吸」はどうすれば出来るのか?
………次回に続く?