読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイクを通して

普段、自分のような素人がマイクを使うのはカラオケに行くようなときで、マイクからスピーカーを通して声が出るので、そんなに大きな声出なくても音量は出る。
あと、エコーとかいろいろなエフェクトがかかって出力されるので、深みもあって、それなりに聞こえる。

しかし、なんの機材を通さずに歌うと音が小さく、密でない感じがして、凄い弱々しい音に聞こえる。
これをカバーするのは、共鳴腔を利用した「共鳴」になるのだけど、普段、機械に頼っているので、いざ自分の声だけで歌うと心地よい響きを産み出すのは難しい!

でも、本当に上手い人はマイクなしで歌っても上手いのだろうな~。