読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方の孤男、初めて東京に行く

初めて東京に行ったのは21歳だったかな。
資格試験の関係で、一人で東京に行って1週間ぐらい過ごした。

当時は地方大学に通っていたけど、友達もいなくて半分引きこもりのような生活をしていた。
そんな状況から上京した田舎者が見た東京の風景は驚きの連続だった。
やたらとビルが高いし、人も多いし、未来的で自動改札もこの時初めて通った。
とても刺激的な街だった。

でも、なんだか華やいだ街の光景に、返って自分の孤独さがより際立ったような気がして、ここでは自分は暮らしていけないだろうな~って思った。
あと、もし音楽でやっていこうと思ったら、この街に飛び込むのが最善の手だと感じたけど、それは自分には無理だな~とも思った。

今はあの頃と違って、ネットの普及により地方から音楽を発信出来るツールもあり、いろいろ環境も変わっている。けど、孤独な自分は変わっていない。
だから、「地方から一人で勝手に」なブログなのです!