読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅白で美空ひばりのカバーを歌われていた

昨年末、紅白歌合戦を見ていたら、とある歌手が美空ひばりさんの「川の流れのように」をカバーされていた。(すみません、名前は失念しました)

声量があり、安定感もあり、感情も込めて歌われていてカバーされるだけあって、さすがにうまかった。

でも、なんか聞いてて、「うまいんだけど、何かが違う」感が自分の中で残った。

 

で、今日youtubeを検索していたら、ご本人の映像があったので聞いてみた。

ちなみに今までは断片的にしか聴いたことがなく、本気でこの曲を聴いたの初めて。

うん、

上手すぎるね。

 

何が違うかというと、やっぱり表現力か。

声量は遜色ないのかもしれないけど、ご本人の歌を聴くと、カバーされた方はちょっと一本調子に聴こえてしまう。

カバーされた方の表現力がないのではなくて、ご本人の表現力が凄すぎる・・・。

 

素人がコメントするのもなんだけど、とてもひばりさんは「響き」をうまくつかっているなあという感じ。

どこにどう響かせたら、どんな声色になるか熟知していて、それを曲に合わせて歌っている感じだ。

サビなんかとくに、「あ~あ~」のところはしっかり張りのある声で響かせて、「ゆるやかに」のところは優しくやわらかな響きに変えて、なんか歌詞とメロディと表現が三位一体となっているような印象。

 

ちょっと上手すぎて参考にならなかったが、自分ももうちょっと「響き」を意識した方がよいなあ・・・。

どう歌ったら、どう響くか。

自分の声をもっと研究しなければ!