読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば、今までの自分

アルバム完成を目指し、曲作りを開始したが早くも挫折…。
何回か歌っていると喉が詰まって声が出なくなってしまう。
特に高音を出そうとするとその傾向が顕著に。

多分、喉に負担がかかるような歌い方になっているのだろう。
あと、自分はもともと、喉が閉じやすい骨格のようで、全然太っていないのに寝てるといびきが出て、軽度の無呼吸症候群と診断されている。
だから余計と喉が詰まりやすい。

こんなにすぐに喉が駄目になっていては曲の練習以前の問題だ。
仕方ないので、もうちょっと喉に負担がかからない歌唱法に変えることに決めた。
具体的にはちょっと裏声気味に歌うようにする。
ただ、そうすると声に張りがなくなり、薄い声になってしまう!
そこは例のアンザッツを利用して、裏声でも上手く響く点を探すしかないな…。

今から歌唱法を変更すると制作が遅れるかもしれないけど、これはもうしょうがない。
持続可能な歌い方でないとこの先もやっていけないに違いない。
というとで、
さらば、今までの自分!