読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今話題の著作権について調べてみた

ニュースでJASRACが音楽教室での演奏についても著作権料を徴収するというのをやっていた。

この話題は、ネットなどで物議をかもしている模様。

私、個人としては、徴収されるのは困る。

なぜなら、私も音楽教室に通っているから。

授業料に跳ね返るのは勘弁、というわけで著作権について調べてみました。

 

著作権とは?

著作権は、著作権法という法律で定められていて、著作物の定義は「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」とのことだ。

ということで、音楽は著作物に該当しますね。

著作権著作物を創作した時点で発声する権利とのことで、著作物を著作者の承諾なしに使用することはできないとのこと。ただし、営利を目的としない使用に関しては、適用外あり(学校の文化祭での演奏など)

で、この著作物を承諾を得て使用するときに、使用料が発生する。

これを今回、JASRACが徴収しようとしていて揉めているようだ。

 

JASRACの役割

JASRAC著作権の管理を行っていて、いちいち著作者に承諾を得ての使用は、使用する側、される側双方にとって煩雑な作業となるので、これを代行してくれるらしい。

JASRAが代わりに使用料を徴収して、著作者に分配しているとのこと。

著作権の管理団体はJASRACだけでなく、他にもあるみたいです。

 

・調べた結果からの所感

JASRACはあくまで著作者の代行をしているだけのようなので、著作者が権利行使をしなければ、使用料徴収は発生しないのかな?ということは、アーティストが声明を発表すれば問題は解決するに違いない。(宇多田ヒカルさんがそのような旨の発言をされたみたいだが)

 

あと、法律的には私の作ったあの拙い音楽でも、著作権が発生していることになるではないか。みなさん、私の作った曲は承諾なしに自由に演奏していただいて大丈夫です!

だれも演奏しないっつ~の、しょぼーん (´・ω・`)