読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大都市を歩く地方民

今日は人口100万人を超える某大都市に行きました。

なんか最近は人口が減っているという話だけど、商店街を歩くと人の多さにびっくり!

さらに、お店も賑わっていた。

私の中で商店街は人はまばらで、お店はシャッターだらけというイメージだったので、地方と都会でここまで違うのかと衝撃を受けました。

やっぱり人口の多さは、このような形で現れるのですね。

 

歩き疲れたので、カフェにでも入ろうとしたところ、なんと満員で座れそうにもない。

注文したは良いが、座れないままウロチョロするのも恥ずかしいので断念。

人が多いと、カフェでくつろぐのも一苦労。

やっぱり、自分は地方暮らしが適していると改めて感じたのでした(´・ω・`)