読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大都市を歩く地方民 その2

今回は、電車ではなく車で大都市に行きました。

大都市ともなると都市高速みたいなのがあって、自分がどこを走っているかもよくわからず、びくびくしながら向かいました。

そして、駅近くの駐車場に止めて、そこから歩いて目的地に行き用を済ませることにしました。

駐車場を見てみると、何故か高級車ばかりで、やっぱり都会はお金持ちが多いのかなあ~と思いました。

 

さて、用を済ませて家に帰ろうと思い、出口で駐車料金を精算しようとしたとき、料金がなんと2,400円と表示されました。

えっ?停めていたのはせいぜい2時間程度のはず・・・。

ということは1時間で1,200円?

自分の住んでいるところの最寄り駅の駐車場は、1日止めて500円なのに・・・。

 

あまりの金額に一瞬固まりましたが、後ろもつかえていたので、急いで清算。

帰り道を運転しながら、「あの駐車場に高級車ばかり停まっていたのは、都会にお金持ちが多いのではなく、お金に余裕がある人でないと停めれないような駐車場だったんだな」と一人納得。

軽自動車なんかを駐車してごめんなさい!

 

田舎者が地元の感覚で過ごすと、都会では思わぬ落とし穴があるのだなと勉強になったのでした(´・ω・`)