読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人になり休暇のありがたさを感じる

なんと、奇跡的に休暇をもらえることになった。

入社以来、有給をほとんど消費することなく、上限まで溜まった状態で幾年も過ぎていた。

しかし、例の電通事件により「働き方」の見直しがわが社も進んできたようで、大本営から休暇をとるようにとの命令がきたのであった。

 

休みを貰えるのはとても喜ばしいことだが、ある方の犠牲により社会が変わり、その結果、恩恵にあずかっている状況に、この休暇を無意味に過ごしてはいけないと強く感じた。

そう、この休みは「音楽づくり」に当てなければ!

ひょっとしたら、社会はまた元通りに戻るかもしれない、そうなるとこのような休暇はまたもらえなくなる。

一年過ぎれば、必ずやってくる夏休みのある生活はもうない、本当に休みは重要なのだ!

 

いろいろな思いから休暇のありがたさ、大切さを学んだ私。

よし、この休みでアルバム完成だ!

いや、無理か~、でも行けるとこまで作るぞ!