読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を無にする

明日さえ見えない緊迫したご時世、何故か普通に行われる飲み会。

そして、いつものように説教スタート。

今日はノンアルコールで挑んだが、とりあえず心を無にして耐えた。

そう、目の前のこんな些細なことを気にしている場合ではないのだ、ひょっとしたら明日、世界を揺るがし事態に陥るかもしれないのだ。

木を見て森を見ず、私は今、しっかり森を見ております。

 

明日は、私の心配のし過ぎということで終わることを願うのみ!